<< ろくじゅうきゅうえん? | main | アストラル・ウィークスという、1968。 >>
左ボタン 右ボタン REAL MOMENTS 〜 it told it all
ボブ・ディラン写真集 時代が変る瞬間(通常版) (P-Vine BOOks) (P-Vine BOOks)
ボブ・ディラン写真集 時代が変る瞬間(通常版) (P-Vine BOOks) (P-Vine BOOks)
バリー・ファインスタイン

箱蛙のディランという病は、いまだ癒えず。いや、進行中ですな。

昨日発売された写真集『時代が変る瞬間』(原題「REAL MOMENTS」)、手にとって内容を見てからと思い、予約こそしなかったけれど、やはり買ってしまいましたよ。発売当日に。

写真集なんて買ったのは何年ぶりだろ。しかもミュージシャンの、なんてさ。ひょっとしたら、十代の時以来かも知れない。まぁ、いちアーティストにこれだけ入れ込むこと自体が、十代の時以来だ。いたしかたない。

ディランの初エレクトリック・ツアーの写真が中心。1966年、ディランがいちばん痩せていて、いちばんぶっとんだ眼をしていて、いちばんギリギリな雰囲気をまとっていた年だ。

写真自体はすでに目にしていたものも多いのだけど、やはりネット上やCD付属のブックレットで見るのと、こうしてしっかりした本仕立てになっているのとでは、受ける印象は違う、当然違う。

バリー・ファインスタインという写真家がとらえた、なんとも美しく、かつさりげないボブ・ディランのさまざまな瞬間。一枚一枚、ページをめくるたびに、ため息をついたり、うなったり、食い入ったり。

しかめっつらや、何処見てるか分からないうつろな眼差しや、鳥の巣みたいな頭や長く伸びている汚れた爪も、いちいち美しい。

この時期のディランがヒッジョーにフォトジェニックだったということ、そして私の岡惚れ度が高すぎることを差し引いても、ディランが特別であることと、ファインスタインが特別な時間・瞬間をとらえたことは間違いない。

ファインスタイン自身が写真集の冒頭で、「シャッターを押すべき瞬間を心得ていることも重要だが、シャッターを押してはいけないときが分かることの方が、もっと重要だ」と語っている。続けて「私は写真に何かを語らせたかった」とも。

40年以上前の写真が、今、こうして写真集となって、今頃ディラン熱にうかされている輩に特別な瞬間をもたらしてくれるのは、この写真家の当時の意識がずっと生きているからなのだな。動く映像とはまた違う、写真ならではの雄弁さ。

it told it all.
それはすべてを物語っていた。

言い切ってみたいですな、ここまで。

ところで、日本版限定でポスターが付いているのだけど、これはなぁ、個人的には違う写真のがよかったなぁ。てか、付けるならもっとたくさん付けて欲しいとか、ベタ焼きで掲載されている写真たちも大判で見たいとか、ミーハーな気持ちを抑えきれない、箱蛙なのでありました。

んで、このエントリ書いている時に聴いていたのは、当然コレ↓。
The Bootleg Series, Vol. 4: Bob Dylan Live, 1966: The
The Bootleg Series, Vol. 4: Bob Dylan Live, 1966: The "Royal Albert Hall Concert"
Bob Dylan

実はワタシが自分で最初に買ったディランのアルバムはコレなんだな。買った当初はエレクトリック・サイドばっかり聴いていたのだけど、今気に入っているのはアコースティック・サイドの「Visions of Johanna」。



あー。この1966年ツアーのちゃんとした映像、もっと見たいよぅ。

というわけで、いかな素晴らしい写真集や映画が数あっても、強欲なミーハー・ファンは満足できないのであった。
| Dance with Dylan | comments(2) | trackbacks(0) |
Bob Dylan Live 1966。I was born in 1966なんで興味深々。映像見てるとそう思わないんだけど、このジャケ、ちょっとジョン・レノンに似てるなぁとか。そいや1966ってビートルズ来日年だあ。ディランの音、やっぱ進んでたんだなあ。歌い方、クチの開け方、いまさらながらチョー個性的♪
| FUCKINTOSH66 | 2008/09/11 3:52 AM |
箱蛙の生まれ年は、ディラン・アルバム・デビュー年ですわ。その頃ディランはちょうど二十歳!

1966年のリリースされてない映像では、ジョン・レノンとディランが車の中でくっちゃべっているのもあるんだよー。ふたりともモッズっぽいスーツで黒いサングラス! そういう時代だったのね。

ぼちぼちようやく、箱蛙のディラン病も1967年以降に進みそうな予感。現在にたどり着くのはいつのことやら…。
| 箱蛙 | 2008/09/11 7:04 PM |









http://hardcorefrog.meki-higon.com/trackback/968983