<< VQ1005〜マクロ改造顛末記(長いよ) | main | 篠ちゃん。 >>
左ボタン 右ボタン アイム・ノット・ゼア
あ。これはちょっと観たいかも。
アイム・ノット・ゼア
映画『アイム・ノット・ゼア』公式サイト

バイトへの通い道に映画館があって、いつも次回公開映画のポスターをチラ見するのだけど、ちょっと気になっていた『アイム・ノット・ゼア』。

でもこれがディランの映画とは全然知らず、「ノット・ゼア、といえばシーズ・ノット・ゼアじゃん?」くらいに思ってた。ゾンビーズの名曲ですね。


それがVQ1005系ねっとさーひんしていて、ディランのポスターをかっちょよく激写しているのに出くわし、『アイム・ノット・ゼア』がディランの映画だと知ったわけです。はい。
PHOTO 69 | 3月のカレンダー

私はいわゆるミュージシャンの伝記映画には興味がないほうで、ことにそっくりさんが頑張って演じている類のは苦手なのだ。どんなに頑張っても、やっぱりそっくりさんはそっくりさんだし。もちろん『ザ・ドアーズ』みたいにこりゃジム・モリソンが憑依してんじゃないのか?的な凄さはあっても、今ひとつそそられないんだな。

『アイム・ノット・ゼア』は、それとは違う切り口&撮り方のようで、6人の俳優が6通りのディランを演じているそうな。黒人の男の子もいれば、リチャード・ギアもいる(これがなかなかかっこよさげだ)。いちばんディランそっくりと言われてるのがケイト・ブランシェットだけども、そっくりといったって女性だし。「やっぱり本人じゃないしなぁ」という冷め方はせずに楽しめそうな映画だ。

公開は4月26日。久々に映画館へ出かけてみようかな。

動画がゾンビーズだけじゃなんなので。
Bob Dylan - Subterranean Homesick Blues


で、これを『アイム・ノット・ゼア』のキャストがやってるバージョン。

| 日々の戯言 | comments(2) | trackbacks(0) |
こんにちは、はじめまして。
トラックバックありがとうございます^^
PHOTO +69のひろのです。

「アイム・ノット・ゼア」気になりますよね〜。
映画館で予告編観たんですが、やっぱりアカデミーにノミネートされた
ケイト・ブランシェットに惹かれました。
先日「コントロール」を観てきたんですけど、これも良かったですよ^^
| ひろの | 2008/04/17 1:01 PM |
>ひろのさん
わ、ようこそです。コメントありがとうございます。
「コントロール」の存在を知らなかったので、検索していくうちにトニー・ウィルソンの訃報までたどり着きました……どうも世情に疎くて。

Joy Divisionのあの曲はイントロ聴くだけで鳥肌が立つほど好きなのです。来週いっぱいの上映ですね。うーん、観たい!
| 箱蛙 | 2008/04/17 7:56 PM |









http://hardcorefrog.meki-higon.com/trackback/834636