<< MyFlashFetish.com | main | オリゼーといっしょ >>
左ボタン 右ボタン 編み宇宙の彼方へ
7月某日、もう20日も前の小雨の日。
「へんなあみもの展」に行ってきましたよ。
へんなあみもの・たこライダー
自分では出来ないまでも(これまで編み出したこと10回以上、しかして完成品ゼロですから。数学恐怖症には無理っす)、なぜか知り合い多方面に編み物好きが多く、またその顔ぶれを見るにつけ、相当はまるものだろうなぁと納得したりする。

すべての編み物は基本的に一本の糸から編まれて出来ていることを思うと、私なんぞはそれだけで「うっはー!」と編むという魔法に感心してしまうのだ。そんなふうに考えることが好きなのだな。

この「へんなあみもの展」も編み好きな友人のひとりがmixiで紹介しているのを見て、うはー!とびっくり。この編み宇宙はいったいなんですか?! 作者の編み師・203gowさんの作品写真ブログを覗くにつれ、やっぱこりゃ現物が見たい!見られるチャンス!というわけで、個展最終日に滑り込み。

タコ、いっぱい居ました。大小取り混ぜ、マスクになってるヤツまで。で、このタコはなんだかよくわからない乗り物に乗っています。タコの編み物がわんさか居るというだけでもでもイッツ・インパクトなのに、その上、“蛸が乗り物に乗っている"という発想にやられたー。なんなの、いったい。
へんなあみもの・磯なモノたち
編み師・203gowさんはタコとかウミウシとか、そんな軟体でぬめっとしたものがお好きなんだそうである。この磯なモノたちや磯の生物を集めた編み絵本もかなーりイケテました。ネット上で見たときからぶっとばされていた海女さんは、現物の方がより生き生きして見えましたなぁ。ウミウシもいいんだけど、個人的にはちょびっと口出しているあさり(はまぐり?)が愛おしかった。
へんなあみもの・なんだこりゃ
で、私がいちばん気になったのはこいつ。

なんだ、これ。
なんなんだー。

結構でかくてまったく意味不明なれどインパクト高し。
どういう造形センスしてんだー。


というかですね、結局のとこ、この編み師の頭の中がこういうことになってる、ということですよな。愉快なおつむと懲りない精神、それによって培った卓抜した技術を持ったアーティストが作るモノは、音楽だろうが建築だろうが編み物だろうが、まったくもって面白い。

今回が初の個展だったそうだけど、これだけポップで面白く、かつまた変なくせに万人受けするアートを世間が放っておくとは思えない。世間どころか世界に羽ばたいちゃったりしそうな予感。

ま、それはそれとして、編み師☆203gow氏はなにがどうあれ、編みたいモノがそこにあるかぎり、編みたい妄想がおつむにあるかぎり、果敢に編み道を邁進してくれることでしょう。
へんなあみもの〜編み師☆203gow:個展!大成功に終了〜しまスた〜♪ - livedoor Blog(ブログ)
| 箱蛙は見た! | comments(0) | trackbacks(0) |









http://hardcorefrog.meki-higon.com/trackback/620184