<< やぼてん | main | 3匹のくまと、ローグ・ワン >>
左ボタン 右ボタン いっつ・あ・ぱーふぇくと・でい



ええぇ? フィギュアスケートでルー・リード???

スケヲタではない皆さんにおかれましては、「え?まだ夏の終わりなのにスケート?」と思われましょうが、先週末からジュニアのグランプリ・シリーズが始まっておりまして。シニアの試合はなかなか生放送がない(特に国内試合。有料のストリーミングでもやってくれたらスケヲタこぞってお金払うのに)のだけど、ジュニアGPSは公式YouTubeチャンネルが全員生放送してるんですね。ああ、素晴らしい。

で、ルー・リード。パーフェクト・デイ。
滑っているのはポーランドの17歳、Agnieszka REJMENT選手。アニューシュカって読むのかな?

ヴォーカル入り曲の使用が認められてから、選曲のバリエーションがぐっと広がったとはいえ、ルー・リードのオリジナル音源を使ってるプログラムは見たことなかった。まぁ、あんまりフィギュアスケート向きとも思えないしなぁ。

実は彼女は去年もこのショート・プログラムを滑っていたので、私の初見は去年。でもどこの誰だったか覚えてられなくて、ずーっと気になっておりました。それが昨日の試合でようやく判明。あー、すっきりした。持ち越ししてくれてよかた。

上位争いをするレベルの選手ではないけれど、去年からの持ち越しプロということもあって、曲・音との親和性と表現はアップしてるし、優雅さのあるムーヴメント。ラプソディ・イン・ブルーあたりを滑りそうな青衣装でルー・リード。しかもとっても美人さん。

これをルー・リードとローリー・アンダーソン夫妻がつべで見ている図なんて妄想してみたり。微笑み合って見ていそう。

しかしこの選曲、ポーランドの17歳みずから選んだとはちょっと思えない。コーチの趣味なのかなぁ。
ちなみに彼女のフリー・プログラムは、プリテンダーズのI'll Stand By Youだとか。ロック・バラード好きのコーチなのかそうなのか。フリーは去年見ていないので、今夜の試合で見るのが楽しみです、はい。

***************
カテゴリー「スケヲタだもの。」では、有名無名・上位下位・過去現在を問わず、箱蛙が気になったプログラムや選手について書き散らかす予定。つづく、かな。
| スケヲタだもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://hardcorefrog.meki-higon.com/trackback/1210468