<< 生きてるよ、ここで。 | main | trance, one more trance >>
左ボタン 右ボタン 台風の爪痕、ヒトの痕跡。
JUGEMテーマ:日記・一般

Asami camp site Oct. 2011

いらない機材を埋め捨てて帰るのはやめましょう。


先週末、素キャンプに行ってきましたよ。
俺たちのあの場所に。

古くからの友人繋がりで知り、ここ数年は年に3回以上も行っていたキャンプ場。野営シーズンの始めには素キャンプに行き、自分たちでもパーティをやり、友人のパーティでは生ビール屋をやり、また素キャンプに行く…というぐらい、お気に入りのあの場所。

なにせフロアになるのは橋を渡った先の中洲。これまでも豪雨のあとは地形が変わっていたけれど、さすがにあの台風直撃とあった日にゃ……どんなことになってると思ったら案の定。

キャンプ場のおじさん手作りの橋はふたつとも見事に流され、特に第2の橋は木っ端みじんで跡形もない。中洲はかなり削られ、何年も水が流れたことがなかった側にもくっきりと濁流の爪痕。砂や細かな砂利は下流へ運ばれ、ゴツゴツした石と岩がむきだしに。

自然って凄い。まったくもってかなわない。かなうはずがない。
あの一日だけの台風でこれだもの。

が、私が驚き呆れたのはこれまでこの場所を使った人間共が残していった痕跡のほう。なんですか、誰ですか。ビデオデッキを埋めて帰るとは何事ですか。ぷんぷん。発見したときは、光景のありえなさに笑ってしまったけれど、これはけしからん。

あ、心配された掘っ立て小屋のようなトイレとあずまや、そしておじさんがゴミを燃やすスペースは無事。というか、長くこの場所を仕事場にしてるおじさんがちゃんと大丈夫な場所に必要最低限なものを設置してたのだなぁ。

自然との共生ってぇのは、自然とのつきあい方を学ばないとできない。
なめたらあかんぜよ。かなうわけないんだから。
| 箱蛙は見た! | comments(0) | trackbacks(0) |









http://hardcorefrog.meki-higon.com/trackback/1210462