<< やっと啓蟄? | main | 声出していこう。 >>
左ボタン 右ボタン そこには魔物が棲むという
orange line skating

箱蛙、今年のまい・ぶーむは初体験。
2月にインプロセッション初体験、そして今回はスケート・リンク初体験と相成りました。
いいですね、初体験。新鮮ですね、ドキドキですね。

twitterやmixiで箱蛙をうっかりフォローしている方は先刻ご承知のことですが、去年秋からフィギュア・スケートの魔力に取り憑かれ、スケヲタへの道を驀進中……とはいえ、これまでウィンター・スポーツにはまったく縁がなく、スキーもスケートもスノボも未体験。箱蛙にとって、スポーツは見るモノ。きっと一生自分がやることはなかろうと思っていたのですがねぇ。

ぱーちー仲間の中で、ここ数年一緒にフィギュアで盛り上がってくれる美人妻がいるんですが、北海道出身の彼女としては、見ているうちに自分でも滑りたくなったようで、先週末にスケートの会を企画。最初に誘われたときは「ええー?私きっと無理だよぅ」と尻込みしていた箱蛙に彼女が一言。

「やっぱり、自分で滑ってみてこそ、ですよ」

そういわれてしまうと、確かにそのとおり。
自分が滑れるようになるかどうかは別として、氷の上というものが、魔物が棲むと言われるアイス・リンクがどのようなものなのか、興味だけは頭がぱんぱんっになるほどある。

というわけで、行ってきましたよ。相模原市淵野辺にある銀河アリーナ。

まず貸しスケート靴の硬さと重さにビックリ。教えられたとおり、きついくらいにぎゅうぎゅう紐を締める。「この薄っぺらいエッジで立てるとは思えないよぅ」と弱音を吐く箱蛙に、美人妻は「立てなかったら、滑れませんよ」と。はい、おっしゃるとおりです。

こわごわリンクに出て、壁伝いにもたもたしていると、常連とおぼしきオジサンが「初めてですか?」と(美人妻によると、どのリンクにもこういう”教えたがりオジサン”がいるらしい)。まったくの初心者だというと、実にわかりやすく立ち方から足の出し方まで親切指導。ああ、ありがたい。

結果、まだ「スケートできるよ」というレベルではないものの、「氷を押す」という感覚くらいは理解できました。4時間かかって、ね。

銀河アリーナは時間が遅くなるにつれてレジャー・モードのお客は減り、ちびっこフィギュア・スケーターや趣味がアイスダンスなカップル、アイスホッケーの走り練習をする若者チーム、ずーっと世間話をしながら滑り続ける常連さん(で、突然レースモードになったりする)たちになっていきました。私はのろのろ・ふらふら周回を続けながら、そんな人たちを眺めては「す、すげー」「気持ちよさそう」「おおっ、あの子、今ダブルアクセル飛んだ!」「えっ、あの趣味がフィギュアスケートの人、女かと思ったらおかまさんだ!」などといちいち感激(?)。

ちびっこフィギュア・スケーターについているのは、お父さんが多かったですね。名古屋ではスケートママだけど、関東ではスケートパパですか。土曜日だったせいもあるでしょうが、かなり厳しく熱心に指導しているパパさんもいらはりました。

小学校高学年〜中学生くらいの女の子が、たまたま私の近くでジャンプを着氷したとき、その音と震動にまたビックリ。以前からジャンプ着氷の衝撃音や震動はすごいと聞いたことはあったものの、こんな細い小さな女の子でこれだけの衝撃と震動があるなんて……これがでかい大人の4回転なんつったら、どんななんだ、いったい。



↑VQ1005でダメもとで動画撮ってみたら、ちびっこスケーターのジャンプが撮れてました。
(注・VQ動画なので音声はありません)

それにしても、スケートって体全身のバランスがとても重要なのだなと、自分で氷の上に立ってみてあらためて痛感した次第。加えて、きれいに滑っている人の姿は本当に美しいなと見惚れました。スパイラル練習中のちびっこがとても気持ちよさそうだったのが印象的。

フィギュアスケーターって、氷の上でとんでもない身体感覚・バランス感覚で、すんごいことやってるんだなぁ。それに氷の上だからこそできること、なんだなぁ。

翌日は、まごうことなき筋肉痛。足だけじゃなく、なぜか胸筋が痛かった…。
でも楽しかったー。ぜひまた、魔物に会いに行きたいものだ。

最後に美人妻による、フィギュアスケート振り当てクイズ動画。
誰の真似してるか、わかるかな?



何シーズンくらいリンクに通ったら、彼女レベルになれるかなぁ。。。
| スケヲタだもの。 | comments(3) | trackbacks(0) |
滑り出せたら、スグですヨ♪
目指せシングルアクセルぅ〜〜
だから、また行きましょうね〜♪

いやぁ、箱蛙の目覚しい進歩にぼくぁ〜感動しましたよ(涙)

レッスンが受けたい夫婦一同であります。
| 美人妻の普通の旦那 | 2010/04/28 8:18 PM |
おお、これは三国一の幸せ者の旦那様!

スグ、かなぁ(と、また弱音)。
体が滑るという感覚をちゃんと覚えるまで頑張ってみるよ。
一緒にレッスン受けられるよーに!(これは野望)

| 箱蛙 | 2010/04/28 8:51 PM |
スケート場がOKしてくれるかわからないけど、パイロンとか、パイプ椅子を押しながら場内ぐるぐる歩いていると上達はやいですよ。
それにアイスホッケーの防具着れたら恐いもんなしなんだけど。
ちょっと滑れるようになったら防具来て鬼ごっこするんです。ムチャクチャ上達しますよ。でも、たぶん防具もNGだろうなぁ。

あと、貸しスケートより、断然マイ・スケートです。滑り易さが全然違います。
貸しスケートだとグラグラして立つのもやっとでも、ちゃんとした自分のスケートだとピっと立てたりしますよ。

あと、氷の上以外でも、インラインスケートもスイスイ楽しいです。
スケート場は平らだけど、いろんなところで滑れます。
アスファルトは転ぶとチョ〜痛いけど。
| @gutsnchop | 2011/01/14 12:52 PM |









http://hardcorefrog.meki-higon.com/trackback/1210451