<< ぶんじくん、ふたたび。 | main | 挙動不審者による音声案内とクリスマス・アルバム。 >>
左ボタン 右ボタン 赤錆を見ると、
赤錆とのれん、そして女子高生。

思わず、VQで激写したくなるのは、きっとワタシだけじゃないはず。

赤錆、のれん、女子高生(の、ピンクのバッグ)。
意味も根拠もなく、ぐっと来ちゃったこの組み合わせ。

VQは衝撃的瞬間を瞬時に記録するにはまったく向かないカメラ。これなんか赤信号で止まった車の助手席からの激写なので、もう大慌てである。撮れててよかった。

そういやぁ、VQにも連写機能があるのだけど、使ったことない。また使ってるという激写も見たことないなぁ。なぜというに、連写機能にセットする手間が取りたい数秒を逃すから。

つきあえばつきあうほどに、使い勝手の悪いヤツ。それがVQ1005です。
| VQ1005ハマリ | comments(0) | trackbacks(0) |









http://hardcorefrog.meki-higon.com/trackback/1148069