左ボタン 右ボタン trance, one more trance
JUGEMテーマ:音楽

ヒゴ八坂

10月、久しぶりに野外パーティで廻します。それも二週連続。しかも二週同じ場所で、違うオーガナイザーのパーティで。こういうことは20年のDJ&パーティ人生でも初めて。都内の箱だったら、まぁそんなに珍しい話じゃないけどね。

話をうけた当初は、二週連続同じ場所ということを面白がっていたのだけれど、ふたつのパーティについてイメージしていくにつれ、これは自分にとってとても面白い体験になるだろうなという予感が強まってきたのであります。

まず、10月13日〜14日のGlobal Ark。
http://global-ark.net/

DJ Mikuさんが、近しい友人たちと作るワン・ナイト。DJのラインナップはMikuさん自身が廻して欲しいと思う人に声をかけたのだそう。私たちヒゴエラのバカ夫婦がMikuさんと知り合ったのはもう17,8年は前のことだけど、ずっと親しくつきあいがあったわけではなくて、数年前のDipAura野外のときにひょんな繋がりからプレイしてもらうことになって以来、時折現場が一緒になったり、またお誘いしたりのこの頃。

昨年の10月にやったDipAura+裏専家のときのMikuさんの2度のプレイは傑作だった。特にストーンがテーマの裏専家ブースで、なぜかノリノリでパンクかけまくり! 私はちょうどその裏(?)で地下のダンスフロアで廻していたので聴けなかったのだけど、パーティが終わってから「いやぁ、ダムドとかかけちゃいましたよ!」と笑っていたMikuさん。そのノリノリ具合はこちらにアーカイヴされてます。
urasenke 2011/10/22-23(歌舞伎町ラウンジUst)←これの2時間28分くらいから
続きはこちら


玉椿やツバキハウスなどの80年代ディスコの時代からDJとして活動を続けているMikuさん。私らがMikuさんを知ったのは93,4年頃にMikuさんがレジデントで廻してたパーティkey-energy。あれは、日本のトランス・シーンの曙。まだプライヴェート・パーティ以外では野外パーティなんてほとんどなかった頃。今じゃ想像つかないだろうけど、テクノ好きな連中ですら「テクノは暗い箱で聴くのがいいんだよ」なんて真顔で言ってたんだよ、いや本当の話。

key-energyは芝浦GOLDが多かったと思うんだけど、GOLDが早めにクローズしちゃった朝、ちょうど私らが代々木公園で明け方から音を出していたことがあった。どこぞでそれを聞きつけたのか、踊り足りない人たちと廻したりないDJが代々木に流れてきたのだな。その中にMikuさんもいて、それじゃあというわけで一廻ししてもらったのが、最初に話した機会だった。あ、key-energyには何度も遊びにいってたけどね。踊り足りない人の中には、その後のRainbow2000のメンバーがいたりもした。本当に1993年から95年くらいまで夏場にやっていた代々木公園でのアフターでは、色々な人に出会ったし、おそらくあの場にいた人の記憶にも刻まれていると思う。今よりパーティの数もうんと少なかった時代だから。

日本でトランスというパーティが定着していったのは、やはりゴア・トランスからだけれど、その少し前の話。

なんだか延々と昔話をしているようだけれど、今回のパーティは別に懐古的なものじゃない。Mikuさん曰く、「最新のエレクトロ・ミュージックから、テクノ・アンビエント、クラシック・セットなども盛り込まれていて、また久々に会うDJの組み合わせなどもあったりするけれど、どんな場面でも昔を懐かしむのではなく、こうやって集まったことにより未来に向け、なにかを新たに始める布石となることが目標」と。

うん、こういう志があればこそ、なのだ。

さて、もうひとつ、10月20日-21日のREZONANCIA。こちらは30代のオーガナイザーのパーティで、ヒゴエラは初対面。声をかけてもらうきっかけになったのが、今年の春風。私たちは10年ぶりくらいの春風で「トランスで!」とオーダーをうけてのプレイ。時間が短かったのでお祭り気分でかなりメラメラした感じの古い曲をBack to Backで廻すという暴挙を敢行。えっらい盛り上がったのがおっかしかったなぁ。この時のプレイを聴いたオーガナイザー・JINくんからお誘いをいただくことになったわけ。

REZONANCIAも面子を見ると、ちっとも懐古的な、よくいうオールド・スクールな内容じゃない。私らがパーティを始めた頃にはまだ十歳にも満たなかったような若手から、日本のトランス・シーンの顔的存在もいるし、そんな日本のシーンとずっと関わりと興味をもって接してきたアーティストまで多種多様。

そんな中で、春風でのプレイから、もっと聴いてみたいと誘ってくれたのだから、これは応えたい。私たちのトランスで。

去年くらいからゴア・トランス再び!な盛り上がりを小耳に挟むことはしばしば。でもまぁ、ヒゴも私もいわゆるゴア・トランスなDJじゃないし、本人トランスを廻しているつもりなのに終わった後にジャンル訊かれたりする始末だし。それなのにどういうわけか、活動の場はクラブとかディスコじゃなくてトランス・シーン中心だったんだから、我ながら面白い。それは出逢った人々の器量の大きさや、繋がり方のおかげであって、自分たちにとっては全然不自然なことではなかったのだけどね。

このふたつのパーティ両方で廻すのは、ヒゴエラだけ。そんな立ち位置にいる自分たちがなんだかとっても愉快だし、幸運だとも思う。自分がプレイをするというだけでなく、両方の場に居合わせることが、ね。

パーティ自体がこの20年あまりで日本にも馴染んできて、さぁ、ここからどんなことになっていくのか。いやさぁ、まず、ここ。ここと今をしっかり見据えて、視界を広げたいと思うのでありました。

やらかすぞ。

追伸:写真は2000年くらいのパーティで廻すHI-GO。つい最近、友達がアップしてくれたもの。なにこのロンゲ!
| Partyというもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 1968 open air meeting!!!
1968 open air meeting 09/05/30

現在、コレ↑の準備でおおわらわ。

おおわらわっていうのも面白い語感だなぁ。
漢字で書くと、大童だって。
「なりふりかまわず、夢中になってする・こと(さま)。」
なんだか、結構こういうことが多い気がする、箱蛙であった。

DJ真っ最中なんてのはその最たるもので、知らないうちにヘッドフォンで髪はぐしゃぐしゃになっていたり、集中の余り口が半開きになっていたりする。どこかで見たおしゃれDJのように、デルモの如き美女の腰に手を回しながらプレイなんて、とてもとても……。必死ですよ、えぇもう。

ま、せっかくやるのだから、そのぐらい必死なほうが面白いやね。そうそう、「せっかくだから」「どうせだから」という言葉、我が家では本当によく使う。適当に今日のところはこんなもんで…というのが苦手、いや、好きじゃない。それじゃあ、物足りない。やってる側が物足りないんじゃ、面白いものができるわけがない。

せっかくやるのに、面白くなかったら意味がない。毎度お馴染みの安心感を得たいんなら、家でひとりでやってりゃいい。安全パイなんて欲しくない。

サイケデリックの根本になくてはならないのは、自由と変容を求める意識であり、その瞬間を繋げ、伝えていく心意気と探求心が不可欠だ。恍惚や陶酔もいいけれど、そればっかりじゃね。

だいたい、見たことがないモノが見たいし、聴いたことがないモノを聴きたい。人をびっくりさせるのはとても楽しいし、自分も思いっきりびっくりしたい。時には打ちのめされるのも歓迎だ。

1968というのは、そういうパーティ。
そういうって、こういうの↓。

| Partyというもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 今夜、我が家のお茶の間から世界へ!
cat at my garden

またぞろ、やります、ライヴ・ストリーミング!

大晦日から元旦への年越しストリーミングですっかり味をしめまして、今宵は第2弾。たまたまなんですが、ホワイトデイ・スペシャルですよ、奥さん!

↓↓↓↓↓↓↓↓
meki-higon radio royal vibes
"wave train whiteday special"


14th march 2009
start: 21:00 about (GMT+9:00)
ending: 15th noon?????????

DJ:
HIGO
ERA
ULU vivo Tateyama
medical

streaming technical support by ice-k kamata

今回はチャットルームと現場実況激写ギャラリーも用意しております。
普段無口で出不精なアナタも、ご自分のお茶の間からぜひご参加を!

肝心のURLなどは、追ってアップいたしますのでココや下記サイトをチェックよろしくなのです。

http://mixi.jp/view_event.pl?id=40704269
http://meki-higon.com/

*今日の激写は、我が家の猫の額以下の庭@VQ1015モノクロ仕様。
| Partyというもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 大晦日年越しストリーミング!fromメキヒゴン
DipAura野外2008

ああぁ、思いっきり押し迫ってしまいましたな。大詰めもいいとこの2008年。

今年は本当に、心の底から「ありがとう!」連発な音楽活動をやらかすことができまして、なーんていい年だったんだろう、ワタシはなーんて幸せな箱蛙なんだろうと思うコトしきり。

充実したパーティやライヴのことを書き記しておきたい気持ちはてんこもりにあるのですが、今日のところは、今日のところのお知らせをば!

本日、2008年12月31日・大晦日から明日の元旦にかけて、メキヒゴンから世界に向けて、ネットストリーミングで音遊びを発信いたします!

↓↓↓↓↓↓↓↓
meki-higon radio royal vibes
"wave train 2008〜2009"


明日の大晦日の夜9時〜10時くらいスタートで、元旦の昼ぐらいまでやる予定。おうちやPC有りの職場で年越しの方はもちろん、大晦日はパーティ三昧の方もアフターとしてお楽しみいただけたらよろしいのではないかと〜。

DJはヒゴエラに加え、産んだ覚えも育てた覚えもない愛娘のひとり・medical、古くからの付き合いで今年はまた接近遭遇したReally?の4人。テクニカル・サポートには、ストリーミングの時にはいつもお世話になってるwww.wave4tunes.comのice-k。

URLなどの詳細はまた追ってこちら↓でご連絡いたします。
http://blog.meki-higon.com/

ぜひにぜひに、TUNE IN!!
| Partyというもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 動く、1968。
1968ネタが続きます。終わらなくてすみません。
参加してくれた映像アーティストが、動画をアップしてくれました。



こうして見ると、改めて映像の伝えるチカラを感じますな。
場の空気感がそのままパッケージされているのだもの。
撮っている人間の視線から、好奇心や愛情も伝わってくる。



巡り逢った愛すべき人々と、心を込めて、愛をもって、遊び続けたい。冒険を続けたい。

それが、私の思う、Partyというものです。
| Partyというもの。 | comments(2) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン なかよく遊び、楽しく学ぶ。
先週末の1968 Private Meeting @ 牧郷ラボ。
1968@牧郷・GREG

ゆるやかに流れる濃密な時間は計りを失い、集まった人々の笑顔と夢、理想と欲望、優しさと厳しさ...etc.etc...もろもろの想いが、混沌から次第に昇華されていく。そんなPartyらしいPartyになった。

Partyという、一晩を共に過ごし新しい朝を迎えるこの遊びの面白さは、やはり人と集い想いを交わすことの喜びにあるのだと、改めて思った。

今回はあくまでPrivate Meetingだったので、あえてあまり細かいケアや決め事はせず、アーティストにしても参加者にしても、自主管理でやってもらった。受付もなし、きっちりしたタイムテーブルもなし、上げ膳据え膳一切なし。
1968@牧郷・EIJI

だからハプニングや思わぬ展開もありありで、「実験」を自認する1968らしい一夜になったと思う。木造の校舎はさすがに寒かったけれども、終始暖かな雰囲気だった。音と光は凄まじいモノがあったけれどね。ふふふ。

キッチンではサイケデリック・ケーキが作られたり、子供の湯たんぽ入れたり、おいしくて暖まるカレーに舌鼓をうったり、朝になったらやっぱり銀シャリが食いたいとご飯炊いたり、本当にみんな好き放題に満喫していたね。
1968@牧郷・CAKE

晴れた朝の校庭では、延々続くフリスビー大会やら、微風のなか無理矢理凧揚げやら、ブランコ乗り放題やら。。。。

この学校の教育方針「なかよく遊び、楽しく学ぶ」を思い切り実践した、そんな1968 Private Meetingなのだった。集まってくれたみんな、本当にどうもありがとう。
1968@牧郷・HIGO

ネット・ストリーミングを聴いてくれたみなさんにも、どうもありがとう。途中、ハプニングで中断もありましたが、あの時の現場の様子も流せていたら面白かったろうなぁ! 次回からはマイクで現場の音を拾ってストリーミングしようかな。

と、もう次のPartyのことを考えている、箱蛙なのでした。お付き合いのほど、よろしく。
| Partyというもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |