左ボタン 右ボタン 触り・さわり・障り
JUGEMテーマ:音楽

弦楽器の持つ音の「さわり」が好きだ。

「さわり」という言葉を覚えたのは、浪曲にはまって三味線にシビれていく中でのことだったけれど、昔からギターやヴァイオリン、チェロの演奏の中に顕れるあの擦れた音に惹かれ続けてきた。軋み音という人もいる。ギターの場合、スライド音といったらわかりやすいかな。ノイズといってしまえばそれまでだけれど、ブルースなんか、これがなかったらブルースにならない。印象として。

音符と音符の隙間にある "音"。
指と弦と楽器の隙間から生まれる闇のような音。
その場の空気と、聴いているこちらの心を擦っていくような、あの音。

もともと私はきれいで澄みきったものより、雑味のあるものや音が好きなのだ。そこに艶があったらサーイコー。ぞくぞくしちゃう。要するに当たり障りのあるモノがどうしたって好きなんだな。これはもう性分。

そーんな勝手な想像から、漢字では「障り」と書くものと思っていたのだが、実際はひらがなで「さわり」と書かれているようで。。。

今日、図書館をぶらついていたら目に入ってきた「さわり」というタイトルの本。手に取ってみると天才琵琶師・鶴田錦史の伝記だった。ぱらぱらページをめくると見覚えのある写真と演奏する姿。あぁ、武満徹の「ノヴェンバー・ステップス」で琵琶を弾いていた人ですな……と記憶と合致。が、が、、、

えええぇ? この人、女性だったの??



もうずいぶん前に武満の特集番組で映像を見たことがあっただけで、鶴田錦史その人についてはなにも知らなかったワタシ。日本琵琶界の凄い演奏家なんだろなー程度の認識……実際、「ノヴェンバー・ステップス」での演奏にある凄みたるや、ねぇ。別にこれが男性でも女性でも構わないんですが、見た目にどうも女性とは思えなかったので、ホントにびっくりした。

本の表紙に曰く「女として愛に破れ、子らを捨て、男として運命を組み伏せた天才琵琶師・鶴田錦史。その数奇な人生」。

まだ表紙と目次と前書きしか読んでいないのだが、これはもの凄そうだな。そりゃ、いろいろ差し障りがありまくりな人生だったに違いない。

またうっかり、大変なものに出くわしてしまったようです。
じっくり、読みます。

そうそう、「さわり」で辞書を引いた場合は「触り」と出るのが普通です。また、検索かけると「さわり」という言葉の意味が誤解されている云々の豆知識が手に入ります。「障り」とはまず出てこないのであしからず。
| 日々の戯言 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 生きてるよ、ここで。
JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:写真

LIVE IN JAPAN!!

地元国分寺のライヴハウス、モルガーナに貼ってあったポスター。
LIVE IN JAPAN

そう、今、ここ、日本の東京っていうところで、生きている。
泣いたり笑い転げたり、怒ったり喜んだりして、生きている。

LIVE IN JAPAN

今、はっきり言えることは、これに尽きるんじゃないか。

心配事がないわけじゃない。気にしない振りなんて、出来ない。
それでも、だ。

あきらめて大人しく死んでいくつもりはない。
生きる、生き抜く覚悟はできている。

だから、LIVE IN JAPAN !!

まぁ、世界の皆さん。このとてつもないテストケースをしっかり見ててやってください。


あ、写真はいつものビス子ではなく新しく買い換えた携帯激写。
やっぱ6年も同じ携帯使ってると、付属カメラひとつにも今浦島状態になるね。
| 日々の戯言 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 100 plants garden とか言ってみたりして。
JUGEMテーマ:写真

2011/04/16 mogusa-en

先週土曜日、久々に行ってきましたよ、京王百草園

旦那に言わせると「京王電鉄、自慢の庭」ということなんですが、とっても小さな、そしてまた大変急な坂の上にある、植物しかない庭園であります。立地的にもかなーり渋め。もちろん、いつ行っても人は少なめ。

去年の春は、3月1日に行ってまして、そのときは梅の花見も終わり頃。他の植物たちはまだ眠たそうで、思い切り地味な印象でありました。

今回はねぇ、いろいろな花が咲き、木の芽も芽吹き、地味は地味でも春らしい風情になっていましたよ。狭いながらも段差が多い構造なので、ゆっくりぐるりと一回りするとかなり沢山の植物たちを楽しめます。

2011/04/16 mogusa-en

enter!! (2011/04/16 mogusa-en)

VQに魚眼レンズで、いきなり箱庭風。

我が愛しのビス子ことVQ1005は、独特の発色のせいでどちらかというと緑を美しく撮るのは苦手な印象。植物を撮り出すとどうしても被写体に寄りたがる箱蛙ですが、この日はマクロ仕様のビス子を持ってこなかったので、いつもとは違った撮り方をしてみたところ。。。。これはこれで、なかなかいいじゃないですか。自画自賛。というか、ビス子礼賛。

2011/04/16 mogusa-en

夕方近くなって風が出てきて、花びらや木の芽がちるちると降ってきたよ。



浴びたいのは、陽の光やこんな優しい花びらの雨であって、放射能じゃないんだっつの。

2011/04/16 mogusa-en
| 日々の戯言 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン やっと啓蟄?
The ball is too big!

ほったらかしにもほどがある!
とは、我ながら思うんですけどね。

ようやく、長い冬ごもりから目覚めた箱蛙。
そろそろ、ぼちぼちここも再開といきましょう。

去年秋以来、フィギュア・スケートTV観戦にどっぱまってオリンピック〜世界選手権までを追いかけ、3月にはまい・あいどるボブ・ディラン来日という熱病にうなされ、母親から突然送られてきた蒸し土鍋のおかげで蒸し料理に魅せられ、旦那が導入したラインアンプのせいで我が家での音ハマリ度もアップし……とまぁ、そんな秋冬でありました。

いろいろ書きたいこともたまっているので、のろのろと放出していきます。

上の写真は、3月中旬に1968をやった豊橋Greenstone CafeでのVQ1005激写。
豊橋は初めて行ったのだけど、京都とも大阪とも違うゆるさと、旦那衆の人の良さと暖かさに惚れました。

このミラーボールatビリヤード台という光景も、激写するためにセッティングしたのではなく、さりげなくこういうことになっていたのを写しただけ。いい。好きだ、こんなユーモア。
| 日々の戯言 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン ヒドイ、らしい。
三茶界隈

三軒茶屋のとあるBARの看板。
夜11時オープンで、朝8時までとはなんと長丁場な!

と、思うのだけども、三茶にはこういうDJ BARがいくつもあるのだそうな。この店が朝8時で終わると、今度は朝8時から盛り上がって昼過ぎまでやっちゃう店もあるのだという。

そんなBARのひとつ、4月に廻す予定になっている東京は三軒茶屋の「天狗食堂」へ遊びに行ってきたんだよ。

1時半くらいにお店に到着。ヒトがあまり居ない……。
なんでも大変に出足が遅いらしく、だいたい朝3時くらいからヒトが集まり始め、7~8時から盛り上がるのだとか〜。

どうにも遊び人と酒飲みが大変住みやすい地域なんだなぁ。
三茶や下北の遊び人たち(男)は、やたら脱ぐとも聞きました。それがフツーなんだって??!! 証拠として前日の朝8時の店内風景激写を見せてもらったら、広くはないフロアに裸の男たちがっ! ゲイパーティでもないのに!

実際、昨日もまず3時くらいにどどーっとヒトが増えてひと盛り上がりした後、また6時くらいにどどーーーっと相当出来上がった人々がやってきた。いやぁ、いわゆる都心のCLUBとはまったく違うノリ。BARならではのゆるさとヒドさ。しかも集まってくる連中が一様に、人当たりが柔らかく、リラックスして遊んでいるので、初めてのお店なのにとっても居やすかった。

うーん、自分のテリトリー外へ遊びに行くのって面白い。
まだまだ知らない東京がいっぱいあるんだなぁ。
天狗食堂で遊ぶの、楽しみだーい♪ 他のお店も覗いてみたいなぁ。

冒頭の看板によると、DARTSやSOCCER、MUSICに加えて、愛もあればUNDER GROUNDという箱蛙の好物もあるらしいしな。

| 日々の戯言 | comments(2) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 一歩進むと、同じ場所ではない
manari

「Um passo à frente, e você não está mais no mesmo lugar」

last.fmをうろうろしていて見つけた、本日のお言葉。
ワタシと何故だか音楽相性度がめちゃ高い、ブラジル在住22歳くんがプロフィールに貼り付けていたもの。なので、原文はポルトガル語。

Google翻訳してみると……

「一歩進むと、同じ場所ではない」

確かに。真理である。


さて、本日のVQ激写はマブダチの次女。

一ヶ月前に逢ったときは寝返りができるだけだったのに、昨日はもう座れるようになっていた。もうすぐハイハイやつかまり立ちが出来そうな彼女は積極性の塊。起きている限りは一時もじっとしていない。「前へ、前へ」と前進あるのみ。まぁ、まだ前も後ろもないんだろうけど。

常に変化。常に前進。
どーしても、その衝動は抑えられないのが、ヒトという生き物だったり、命そのものだったりするのだな。

たとえ、進んだ先に何が待っていようとも。
一歩先は、確かに新しい場所だ。

ヒトの中で、もっとも純粋に命そのものに近い赤ちゃんには、とてもつもない勇気が溢れているのだなぁ。

うん。だから、美しい。


| 日々の戯言 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 明けました。明けましたとも。
SKY like SEA

2009年、明けました!

明ける前から年越しストリーミングなんてのをやらかし、箱蛙は今年も音にまみれ、愉快な仲間に揉まれ、励まされ、遊び続けていくのだなーと実感しております。わくわく・どきどき。。。

シャシンは、昨年12月に初めて行った沖縄旅行の……とはいっても、羽田を離陸して間もない飛行機の窓から撮った空。もちろん、VQ1005激写。

空なのだけど、海のよう。
光の具合もまさに“Shine!!”って感じ。

あらためて思うのは、カメラって光を捕らえる装置なんだということ。
VQのような単機能(でもないか…)なカメラは、そんな基本的なことを実にわかりやすく教えてくれるんだなぁ。

2008年中の箱蛙の二大ハマリといえば、VQ1005とボブ・ディラン。
どちらの熱もちったあ落ち着いたかと思いきや、実は昨年末に出たVQ1005の後続機(?)、VQ1015 ENTRYにも手を出しております。。。あ、今見たらSOLD OUTになってるなぁ。

VQは旅先でも宴会でも、取り出すたびに欲しがられる人気者なのだけど、こうまで入手困難ってのが痛いですなぁ。箱蛙が思うに、現在ヤフオクで出回っているVQ1005の2008年バージョンを買うよりは、上記のお店で次に発売が予定されている、 VQ1015 Classicを狙った方がよいかと。

何故かと言うに、このお店プロキッチン自体が、VQを愛しちゃってる度100%だから。まだ未発売の商品なれど、いちばん信用がおける店であると太鼓判を押しておきましょう。

そんなわけで、やっぱり2009年も続くVQ1005/1015ハマリ。
もちろん、ディラン熱もMONO盤買っちゃおうかな〜と思い始めているという、こちらも相変わらずっすね、2009も。
| 日々の戯言 | comments(4) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン ろくじゅうきゅうえん?
鰹のタタキ・69円

昨日、発見した怖ろしく安い鰹のたたき。

もちろん値札が間違っている(内容量がおかしい)のは、誰が見てもわかると思うのだけど、試しにそのままレジに持って行ったところ、そのままスルー。

小さめのひとさく分で、250グラムはあったと思う。
水菜やムラサキ玉葱たっぷりののっけ盛りにして、美味しくいただきました。

今時のスーパーのレジはみんなバーコード読み取り式だから気づかないのかな。でも、レジの人はちゃんと値段読み上げているんだけどな。こういう間違いを見落とさないために読み上げているんじゃないのかな。

機械が数字通りに読み取ってしまうのと、ヒトが形に流されるのと、まったく同じシステム・エラーだね。

得はしたけども、あからさまな間違いもスルーされる世の中ってのも、なんだかなぁ…。
人間がお寒い気がする、箱蛙でありました。
| 日々の戯言 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン my little summer of love
ひかり祭り

いや、本当はね、“little”じゃなくて“big”という気がする。
私がもらっている、この夏の愛は、とても大きい。

だから、感謝の気持ちははっきり、しっかり表していこうと、思うのです。
Love & Respectだよ、my friends!!
ちっぽけな箱蛙にも出来る、とても大事なコト。

そんな2008年の夏は、まだまだ続く。

*シャシンはひかり祭り2008。ステージ上は暑さでへろへろのチナキャッツ。もちろん、VQ1005激写。
| 日々の戯言 | comments(2) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン ワタシは850えんなり。
売り出されています。

柘植根付 箱蛙

結構かわいいと思うんだけどな。うん。
| 日々の戯言 | comments(2) | trackbacks(0) |