左ボタン 右ボタン もっと、もっと。
YUMENO NAKAYO

もっと、いやらしく、廻せるようになりたい。

「はっ」とさせるような、思わず「にやり」とさせるような、「そこ、攻めてくるわけ?」と思わせるような。

ハウスやラウンジで廻すときなんか、なおさらだね。
聴いているほうが「や、ヤラシー…♪」と呟いてしまうような、色艶があるプレイが出来るようになりたい。

ここんとこ、ラウンジという名の天下無敵のフリースタイルで廻す機会が増えてきて、こんな具体的な(?)目指すところが見えてきたわけ。見えてきた、とは言っても、さてそれこそ具体的にどう習得したらいいものか…?

うーん、これはワタシにとってのNEXT LEVELだ。
| DJというもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン Memory of D.D.D. SUMMER CAMP 2008
D.D.D. SUMMER CAMP 2008

歌うようにプレイできた。
いや、もう歌ってた!


The Sun Machine is Coming Down,
and We're Gonna Have a Party...a-ha-ha!!
| DJというもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 箱蛙、混入事件。
DJ100Girls
DJ100Girls

↑これにですね、箱蛙が混入してるんです。

日本を始め、世界に名だたる女流DJを集めたムック本。100とあるけど、総勢119名のDJが掲載されています。いやー、みんな可愛いねぇ、キレイだねぇ。

サイトもありますんで、どんなべっぴんさんが載っているかチラ見したいかたはどーぞ。
http://www.dj100girls.com/
| DJというもの。 | comments(5) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 1968 Private Meeting NOW ON AIR!!
只今、ストリーミング・オンエア中!
これからのんびり、明日の昼12時までやっとります。
http://live.dejimah.com:11111/listen.pls
| DJというもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン ほーら、アナタは眠くなる…

フデワールドニセライフルライフスタイルコンパクトディスクメリケンラムサールセンサーセーフティーピタゴラスコミックハミングキャッチャーメインシカメロンキタキツネフィギュアダイエットハロゲンスカッドランタン難攻不落

って、こたぁないでしょうけどね。中身を聴けば。

music player
I made this music player at MyFlashFetish.com.

でも、このラジカセの目玉のようなスピーカーが動くさまを見ていると、催眠術にでもかかりそうではある。また1曲目がちょっと呪文のようでもあるからなぁ。

久々にdj mixをアップしてみました。
この新年、1月12日のDipAuraでのlive mix。

昨年はここらへんの新しい音をあまり仕入れていないこともあって古い音源ばかりだけれど、自分的には初めてかけたレコも多かった。特に後半のド有名なトランスとかねぇ、実は最近中古レコ屋で買ったんだけどさっ。

こういうMP3音源はやはりヘッドフォンで聴く人が多そうだけれども、出来ることならスピーカーで聴いていただきたいところ。なにせlive mix、どうしても現場ならではの荒さも目立ちますゆえ。

特に最後の方はお世辞にも巧いとは言えない(はっきりいって下手くそ)繋ぎ方をしてるので、カットしようかとも思ったけれども、まるっと聴いてもらったほうがライヴ感も伝わるだろうし、eraというDJのいかれぽんち加減もおわかりいただけるんじゃないかと開き直ってみました。

そうそう、いちばん最後の曲のとき、ノゲラという珍獣が「もうがまんできない!がまんするのやめた!」と思い切りドラム叩き出しまして、かすかながらピックアップが拾った音も入っている、はず。

では、よろしかったらお楽しみあれ。
| DJというもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 必要な力、欲しいチカラ。
リズムを分解する能力。
分かち、解する。
そして積み上げ、つなぎ、貼り合わせ、ときに崩す。

曲、音の読解力。
演奏力は表現力。

てなこたぁ、今気づいたわけではないが、インプロセッションを始めてみて、改めて切実に欲しいチカラだ。

リズムを分解する能力。
再構築、なんて言ってるようじゃ、甘い甘い。
| DJというもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |
左ボタン 右ボタン 本性
本性ってものが、うっかり出てしまったようだ。

いや、うっかりもなにも、別段隠していたわけでもないし、意識して前面に押し出したわけでもない。ただ、表現活動をする際に、本性が出まくってしまうのは致し方ない。いやいや、それにしても出過ぎなんじゃないか? いやいやいや、それでこそ箱蛙の面目躍如ではないか?

ま、本性が見え隠れする程度に抑制のきいた表現を良しとする表現者もいれば、私のように自分がびっくりするくらい本性丸出しの表現になってしまう輩もいるということだ。

でも本当に自分でもびっくりしたんだよ。
こんなにはっきりと本性が出てしまうとはなぁ。。。それも自分ひとりのdj playのとき以上に。

やってる最中に「いくらなんでもやり過ぎなんじゃ…」と一瞬思ったけれど、それは迷いに至る手前のほんの一瞬。次の瞬間にはもう誰も(自分も)止められない状態に突入していた。

結論としては、やはり実験とインプロは面白い。止められない。あの触発しあう感覚がたまらない。

そういうわけで、またやる。もっとやる。
本性出しまくりで。
| DJというもの。 | comments(0) | trackbacks(0) |